ReturnTopMainMenu



 
 木曽清水|
新潟県妙高市上平丸|JR信越本線「新井」駅から車
木曽殿が信越の国境を越えの際、休憩の為に馬を留めたところ、この清水を見つけて喉をうるおしたという。管理人未踏のため詳細不明。地図で見てると車でもいけそうにない雰囲気なのでトレッキング。。。?詳細求む。


 
 関山神社| 新潟県妙高市関山|JR信越本線「関山」駅から徒歩


延喜式内社と比定、高山関山三社権現として強い権威を持ち、妙高五山の入山も関山神社、宝蔵院(関山神社別当)の許可が必要だったという。近くにある興善寺は関山神社の別当寺であった。木曽殿と関係はないけども巡洋艦「妙高」関係者がお参りに訪れる神社でもある。
ここから西に車で10分くらい行ったところにある関温泉の「姥堂」には、木曽殿一行が妙高山を越える際に女人禁制だったため泣く泣く木曽とのの乳母をおいていった、という伝説が残る。



関山神社左手にある妙高堂は、妙高山山頂にあった奥の院を移したもので、木曽殿が守り本尊として山頂に祀ったという木造阿弥陀如来像(鎌倉時代末期作という)が厳重に安置されている。(妙高山開きの7月1日に開帳される)言い伝えでは、戦勝祈願が叶った御礼に家臣の五位野与左ェ門に命じ、4年毎の堂宇の建替をさせたといい、明治の頃まで造営が続けられたという。


 
 五社神社|
新潟県上越市岡原|JR北陸新幹線/妙高はねうまライン「上越妙高」駅より徒歩15分くらい
巴が「越後の友松」に住んで尼になったという伝説があり、このあたりを昔は友松と呼んだ事から巴御前とも虎御前のものともともいわれる五輪塔が境内にあるとのことだが未確認。上越市にはこのほか高田城の東・東城町のお稲荷さんにも巴の墓があるという伝承があるがこれもよくわからない。最寄駅は旧「脇野田」駅だったがいまや新幹線の駅が出来て神社にも近くなった。


 
 平等寺 (阿賀)|
新潟県東蒲原郡阿賀町岩谷|JR磐越西線「五十島」駅より徒歩
余吾将軍平維茂により創建されたと伝わる。ある時、維茂が川の中に金色に光る薬師如来像を見つけ、薬師堂に安置したのが始まりという。現在の薬師堂は16世紀のもので重文。また、境内には将軍杉と呼ばれる巨木と、保科正之による平維茂墓碑がある。



 
 鳥坂城|
新潟県胎内市(旧北蒲原郡中条町)羽黒|JR羽越本線「中条」または「平木田」駅より徒歩?
このあたりは古くは奥山庄といい城氏が本拠地としていた。建仁元年(1201年)、城資永の子資盛がこの鳥坂城にて突如挙兵(建仁の乱)し、鎌倉軍(大将/佐々木盛綱)と戦闘、叔母の坂額御前と共に奮戦するが資盛は出羽に逃走、板額は捕虜となり甲斐源氏の浅利義遠の妻に貰い受けられたという。また、近くの中条市本郷町の奥山荘史跡公園は城氏滅亡後に入った三浦和田氏の居館「江上館」址。


 
 朝日神社(劔大権現)|
新潟県長岡市朝日|JR信越本線「来迎寺」駅


木曽殿の家来がこの地に住み「朝日」と名付け、この神社に木曽殿愛用の太刀を奉納したという。境内の湧水「宝水」は日本酒「久保田」で有名な朝日酒造が使用している。また、すぐ近くに一説によれば巴が建立したという朝日寺とか、朝日山城址とか巴丘とか怪しい地名もある。


 
 府中八幡宮|
新潟県上越市西本町3-5-15|JR信越本線「直江津」駅より徒歩20分

特に木曽殿の伝承はない。とはいえ創建年不明だが元は延喜式内社「阿比多神社」古跡で、鎌倉時代に鶴岡八幡宮を勧進したといわれる。ので、通りかかったことは間違いない気がする。現在は越後総社と諏訪神社が合祀されている。


 
 五智国分寺|
新潟県上越市五智3-20-21|JR信越本線「直江津」駅から徒歩またはタクシー


現在の国分寺で、戦国時代に上杉氏が再建した。ここは国分寺が元あった場所ではないといわれる。境内に芭蕉先輩の句碑もある。


 ★
 居多(こた)神社|
新潟県上越市五智6-1-11|JR信越本線「直江津」駅から徒歩またはタクシー



越後一宮で、延喜式内社「居多神社」と比定され、1200年代には日本海に面した三輪山中腹にあったという。現在の居多神社境内のあたりが国府址だったと推定されており、木曽殿が逗留したのもこのあたりだったと思われる。


 
 光源寺|
新潟県上越市五智|JR信越本線「直江津」駅から徒歩

木曽殿の家来・最信が開祖と伝わる。境内裏手には戦国時代の武将・村上義清の墓がある。ちなみに、義清は木曽軍で戦った村上為国の子孫にあたるので無下にはできない。


 
 今井城址(霊源寺裏山)|
新潟県糸魚川市中谷内751|JR大糸線「頸城(くびき)大野」駅

糸魚川流域の今井地区にあるお寺で、裏にある山は今井兼平が築いたといわれる。曲郭などが残り「今井兼平城跡」碑もある。地名も兼平由来とも。霊源寺にも兼平のものと伝わる鎧などがあるらしいが、管理人未確認。


 
 親不知|
新潟県糸魚川市|JR信越本線「親不知」駅

北陸道の難所。ゲンペイの頃は蒲原(寒原)と呼ばれた。ちなみに平家物語に蒲原とセットで出てくる鬼伏(鬼臥)はJR北陸本線・浦本駅の東に地名が残っている。江戸時代の頃までここには路を作ることができず海岸線(浜の道)を歩いた。そのため潮の満ち引きと海の荒れ具合よっては歩いているうちに水没してしまうので点々と作ってある退避穴に非難しながらの移動となる。現在も国道は歩道を作る余裕がなく、歩くには山道を通るしかない。



木曽殿聖地めぐり

は木曽殿聖地のオススメ度(5段階に変更)
「通好み
」「★★ちょっとオススメ」「★★★かなりイイ」「★★★★行くでしょ!」「★★★★★絶対行くでしょ!!」
さらに管理人が「木曽殿絶対ココに来た(気がする)」妄想認定した場所に3段階で
がついてます。無印は木曽軍メンバーや木曽軍と敵対した武将関連の土地や平家物語で登場するおなじみの場所、地元の伝承地、旅のお役立ち場所など。

大蔵★★
(武蔵嵐山ほか)
父・義賢の東国拠点で木曽殿出生の地。周辺は大蔵合戦の戦地。

木曽★★★★★
(宮ノ越〜木曽福島〜大桑〜南木曽)
木曽殿幼少より挙兵までの時間を過ごした谷。伝承地多数!

洗馬~塩尻峠~辰野
(洗馬〜塩尻〜小野〜辰野〜岡谷)
木曽~善光寺街道と諏訪のハブ地・洗馬、樋口本拠地辰野、岡谷の三角地帯。

諏訪
(茅野〜下諏訪〜上諏訪)
木曽軍に参戦した金刺氏ゆかりの地。木曽殿が滞在した伝承も。

伊那
(伊那〜飯田〜阿智)
木曽殿が駒ヶ岳を越えて戦を仕掛けた伝説がちょいちょい残る。

松本平★★★
(朝日村〜松本〜岡田)
信濃国国府があった中原氏依拠地。今井兼平の本拠と目される地もある。

会田・麻績・姥捨
(会田〜聖高原~姥捨)
旗揚げ後に小戦闘を繰り返しながら進軍した善光寺までのルート。

善光寺平★★★★
(屋代〜篠ノ井〜善光寺ほか)
横田河原合戦が繰り広げられ、初期参戦武将ゆかりの地も多数!

塩田平
(別所温泉)
会田から保福寺峠を抜け塩田平へ。別所温泉には塩田北条氏の史跡も。

海野〜丸子★★★
(上田〜丸子)
木曽殿が居城とした依田城・海野宿をハブに塩田、佐久、篠ノ井と広がる。

佐久平★★
(小諸〜望月〜佐久)
根井氏の本拠地。佐久から富岡街道を抜け多胡・児玉・大蔵に至る。

関寺〜直江津
(妙高高原〜直江津)
熊坂山に布陣後、妙高を抜け越後国府へ。北陸道進軍開始。

越中宮崎〜般若野★★
(親不知〜富山)
越中宮崎氏の本拠地〜呉羽山布陣〜般若野合戦古戦場までのルート。

砺波★★★★★
(小矢部〜倶利伽藍峠〜津幡)
木曽軍最大の合戦となった「砺波合戦(倶利伽藍峠)」古戦場。

小田中〜志雄
(氷見〜小田中〜志雄)
行家叔父の戦った志雄合戦の地。

金沢〜安宅/篠原★★★
(津幡〜金沢〜小松〜安宅/篠原)
安宅・篠原は平家軍と往復2度交戦。実盛最期が有名。

勝山〜今庄〜杉津★★
(勝山〜武生〜今庄〜杉津〜敦賀)
燧合戦のあった燧ヶ城、根井が戦った水津合戦の古戦場比定地ナド。

★★★★
(京都〜宇治〜八幡市)
木曽殿逗留地や祖父為義ゆかりの地など。宇治川、岩清水八幡も。

大津★★★★★
(逢阪関〜三井寺〜膳所〜大津)
木曽殿最期の地、粟津合戦古戦場。

室津|山陽道★★
(今宿〜三石〜和気〜吉備津〜水島)
西国下向した山陽道と大敗を喫した水島合戦場。オマケは室津=室山合戦地。

おまけ|瀬戸内
(尾道、大三島)
水島合戦の残党、木曽落人伝承が残る尾道、奉納鎧等が残る大三島など。


(神坂〜松本)
木曽殿ゆかりの桜を追いかけてみた!