ReturnTopMainMenu



 ★★
 諏訪形荒神宮(参上神社)|
長野県上田市諏訪形|上田電鉄別所線「城下」駅

由来によると『出陣に際し、木曽義仲に荒神宮像を託された今井が木曽一族の武運を祈った』といい、今井氏の末裔が社を建てたといれれる。
境内左手奥に「今井四郎兼平古蹟」があり、社殿裏には由来は不明だが鎌倉時代とされる五輪塔があり興味深い。ちなみに「参上神社」と「荒神宮」は別々の神社だけども境目はない


 
 小牧城址|
長野県上田市諏訪形|上田電鉄別所線「城下」駅
小牧山の中腹にある城址は中世に使われていた可能性がある(山上は戦国時代)。


 
 生島足島神社|
長野県上田市富士山中組|上田電鉄別所線「下之郷」駅

創建はいつかは不明だが、大同元年(806年)に神戸(神社奉仕する封戸)を寄進されており、これより古くに建てられたと思われ。境内にある夫婦欅は樹齢800年といわれ、大変古く珍しい。木曽殿に関係ある伝承はない。
 ★
 巴・山吹五輪塔|
長野県上田市富士山中組|上田電鉄別所線「下之郷」駅



 
 手塚五輪塔|
長野県上田市手塚|上田電鉄別所線「舞田」駅
西塩田手塚堰口(せんげぐち)地区にある民家の庭にあるらしい。。。


 
 手塚神社|
長野県上田市手塚|上田電鉄別所線「舞田」駅

貞観十年(868年)に山城国八幡宮より勧進、とありこの土地の産土神。このあたり一帯が手塚という地名で、手塚太郎光盛はこのあたりに住んでいたともいわれる。元々は神社の山をさらに左手に登ったところに社殿があったといい、石碑が残る。
 
 塩野神社|
長野県上田市|上田電鉄別所線「舞田」駅
舞田駅から北上、県道177号をさらに北東に進んで布施製材所を越えて左折。
もしくはオレンジバス西塩田コース「舞田」バス停下車。
 
 塩田館址|
長野県上田市前山309|上田電鉄別所線「三好町」駅
塩田北条氏の館址。1277年に北条義政がこの地に築き、後に村上氏(義清)→武田氏重臣と移り変わっていった。近くにある「塩田の館」に塩田城の出土品コーナー、以前は新町にあったという手塚光盛の馬蹄跡がついたという「馬の足跡の橋」がある。


 ★
 八幡大神縣社|
長野県上田市|上田電鉄別所線「三好町」駅
木曽殿が行軍途中に戦勝祈願したという。
 
 八木沢天満宮|
長野県上田市|上田電鉄別所線「八木沢」駅

享保(江戸時代)の頃、八木沢に住む手塚氏の末裔・治郎左衛門が木曽義仲を顕彰した古碑がある。
八木沢駅から北西方面に1km、県道177号を越えて北上、徒歩15分くらい。
同所は手塚大城だったといい、「唐糸観音堂」もあるとか。


 
 大湯(葵の湯)|
長野県上田市|上田電鉄別所線「別所温泉」駅
別所温泉の三湯のひとつ、大湯。別名「葵の湯」として親しまれている。吉川英治の新平家物語の一節に、手傷を負った葵と義仲がランデブーしたのがこの湯とのこと。硫黄泉でお肌トゥルトゥル。
 ★
 将軍塚|
長野県上田市|上田電鉄別所線「別所温泉」駅

こんもりとした塚自体は古墳期の豪族のもの。別名を「維茂塚」といい、余呉将軍平維茂を祀ったと言い伝えられている。後に横田河原で木曽軍と合戦する城氏は「越後国には余五将軍の末葉」と紹介されており、維茂の子孫だという。木曽殿と直接の関係はないけども、ここを通っていれば古墳を目にしたかもしれない。


 ★★
 北向観音|
長野県上田市別所温泉1666|上田電鉄別所線「別所温泉」駅

天長2年(825年)慈覚大師によって建立されたという。木曽義仲挙兵の際に消失し。後に源頼朝が再興、さらにその後には北条義政及び代々の上田城主より寺領の寄進があった、とある。芸能のご利益があるといい芸能人の奉納も多い。境内には愛染カツラ(市指定天然記念物)があり小説のモデルになったとか。善光寺にお参りしたらこの北向観音にも参らないと「片参り」になってしまうといわれる、隠れた名所。


木曽殿聖地めぐり

は木曽殿聖地のオススメ度(5段階に変更)
「通好み
」「★★ちょっとオススメ」「★★★かなりイイ」「★★★★行くでしょ!」「★★★★★絶対行くでしょ!!」
さらに管理人が「木曽殿絶対ココに来た(気がする)」妄想認定した場所に3段階で
がついてます。無印は木曽軍メンバーや木曽軍と敵対した武将関連の土地や平家物語で登場するおなじみの場所、地元の伝承地、旅のお役立ち場所など。

大蔵★★
(武蔵嵐山ほか)
父・義賢の東国拠点で木曽殿出生の地。周辺は大蔵合戦の戦地。

木曽★★★★★
(宮ノ越〜木曽福島〜大桑〜南木曽)
木曽殿幼少より挙兵までの時間を過ごした谷。伝承地多数!

洗馬~塩尻峠~辰野
(洗馬〜塩尻〜小野〜辰野〜岡谷)
木曽~善光寺街道と諏訪のハブ地・洗馬、樋口本拠地辰野、岡谷の三角地帯。

諏訪
(茅野〜下諏訪〜上諏訪)
木曽軍に参戦した金刺氏ゆかりの地。木曽殿が滞在した伝承も。

伊那
(伊那〜飯田〜阿智)
木曽殿が駒ヶ岳を越えて戦を仕掛けた伝説がちょいちょい残る。

松本平★★★
(朝日村〜松本〜岡田)
信濃国国府があった中原氏依拠地。今井兼平の本拠と目される地もある。

会田・麻績・姥捨
(会田〜聖高原~姥捨)
旗揚げ後に小戦闘を繰り返しながら進軍した善光寺までのルート。

善光寺平★★★★
(屋代〜篠ノ井〜善光寺ほか)
横田河原合戦が繰り広げられ、初期参戦武将ゆかりの地も多数!

塩田平
(別所温泉)
会田から保福寺峠を抜け塩田平へ。別所温泉には塩田北条氏の史跡も。

海野〜丸子★★★
(上田〜丸子)
木曽殿が居城とした依田城・海野宿をハブに塩田、佐久、篠ノ井と広がる。

佐久平★★
(小諸〜望月〜佐久)
根井氏の本拠地。佐久から富岡街道を抜け多胡・児玉・大蔵に至る。

関寺〜直江津
(妙高高原〜直江津)
熊坂山に布陣後、妙高を抜け越後国府へ。北陸道進軍開始。

越中宮崎〜般若野★★
(親不知〜富山)
越中宮崎氏の本拠地〜呉羽山布陣〜般若野合戦古戦場までのルート。

砺波★★★★★
(小矢部〜倶利伽藍峠〜津幡)
木曽軍最大の合戦となった「砺波合戦(倶利伽藍峠)」古戦場。

小田中〜志雄
(氷見〜小田中〜志雄)
行家叔父の戦った志雄合戦の地。

金沢〜安宅/篠原★★★
(津幡〜金沢〜小松〜安宅/篠原)
安宅・篠原は平家軍と往復2度交戦。実盛最期が有名。

勝山〜今庄〜杉津★★
(勝山〜武生〜今庄〜杉津〜敦賀)
燧合戦のあった燧ヶ城、根井が戦った水津合戦の古戦場比定地ナド。

★★★★
(京都〜宇治〜八幡市)
木曽殿逗留地や祖父為義ゆかりの地など。宇治川、岩清水八幡も。

大津★★★★★
(逢阪関〜三井寺〜膳所〜大津)
木曽殿最期の地、粟津合戦古戦場。

室津|山陽道★★
(今宿〜三石〜和気〜吉備津〜水島)
西国下向した山陽道と大敗を喫した水島合戦場。オマケは室津=室山合戦地。

おまけ|瀬戸内
(尾道、大三島)
水島合戦の残党、木曽落人伝承が残る尾道、奉納鎧等が残る大三島など。


(神坂〜松本)
木曽殿ゆかりの桜を追いかけてみた!