ReturnTopMainMenu



★★
武水別神社|
長野県千曲市大字八幡3012|JR篠ノ井線「稲荷山」駅、またはしなの鉄道「屋代」駅からバス



武水別(たけみずわけ)神社は紀元前の創建といわれ、安和年間に京都の石清水八幡宮より勧請。境内の一角に「献納滝壺の石」がある。養和元年、木曽殿が平家との合戦に臨んで戦勝祈願した時に祈願文を奉持した使者がこの石の雨水で具足を洗い清めてから神前にぬかづいた、と伝えられる。この使者はモチロン斥候に出ていた楯親忠と思われ。
しなの鉄道の屋代駅下車して市内循環バス「(姥捨線バス)めいげつ号」で神社前下車。

白鳥山康楽寺(伝覚明開祖)| 長野県長野市篠ノ井塩崎角間3429|JR篠ノ井線「稲荷山」駅


縁起によると開基は木曽大夫坊覚明円通院浄寛西仏坊。海野小太郎信濃守幸親の子として生まれ、南都の学僧から興福寺勧学院の文章博士となり、木曽軍に身を寄せて祐筆として活躍。木曽殿没後は比叡山に登るも、法然上人の弟子となり上人報恩のため庵を建立。後にこの地に移転された、という。


長谷寺/西仏墓|
長野県長野市篠ノ井塩崎|JR篠ノ井線「稲荷山」駅

長谷寺は、横田河原合戦において木曽軍のかけた兵火によって焼失したという。寺から7〜8分歩いた所に康楽寺開祖・西仏のお墓といわれる、一族の塚がある。

 ★
 鞍掛石と舟つなぎ石|
長野県長野市稲荷山|JR篠ノ井線「稲荷山」駅

荒町公民館の向かいに「舟つなぎ石」があり、横田河原合戦で木曽軍がこの船着き場から出発した、と伝わる。公民館左にある「鞍掛石」はその時に木曽殿が鞍を掛けたという。千曲市観光課HPより)

 
 稲荷山温泉|
長野県長野市稲荷山|JR篠ノ井線「稲荷山」駅
古くから温泉が涌いていたといい、木曽殿がこの湯で疵を癒す白狐を見つけた、という昔話がある。(ホテル杏泉閣


 ★★
 妻女山|
長野県長野市|JR篠ノ井線「屋代」駅からバス

横田河原合戦で井上隊が妻女山を迂回し、北東に出たところで赤旗を掲げて城軍に援軍と思わせた。雨宮の渡を渡ってきた木曽本隊と戦い油断していた所で白旗を掲げ、一気に挟み撃ちの形で城軍を攻め陣形をくずすと城軍は北国街道を越後方面に敗走していった。後世、武田信玄と上杉謙信もここで地形を利用した戦術を使って戦っている。

 ★★★
 雨宮の渡|
長野県長野市|しなの鉄道「屋代高校前」駅

雨宮(あめのみや)の渡とくれば、世間的には頼山陽の「鞭聲肅肅〜夜河を過る〜」という詩吟、上杉謙信が武田信玄を攻めるため夜に川を渡った故実で有名。現在は千曲川から7〜800mほど離れているが、これは治水で河流を変えたためで、中世の渡河ポイントはこの場所。ここから千曲川を渡ると横田河原の古戦場にたどりつく。


 ★★★
 千曲川(横田河原古戦場)|
長野県長野市|JR信越本線「篠ノ井」駅

篠ノ井駅東口から国道387号をひたすら南下して2.5kmくらい行くと「横田」の地名が残っており、千曲川にぶつかる。このあたりの川の形は中世の頃とは違っているので、正確な位置は掴めないが、たぶんこのあたりが古戦場ではないかと。南川岸の反対側には中世の頃の渡河ポイント「史跡雨宮の渡」。写真は更科横田神社近くから雨宮の渡し方向をみたところ。

 ★★
 更級横田神社|
長野県長野市|JR信越本線「篠ノ井」駅
建立などの由緒は不明。養和元年木曽義仲により兵火で焼失した、という社伝が残されている。(ちなみに川中島合戦でも焼失している)東横田の地名が残る場所にある。

 ★★★
 横田城址|
長野県長野市|JR信越本線「篠ノ井」駅


地元の方にたずねるときは「会(あい)のお稲荷さん」と行った方が分かりやすい。
城長茂が横田河原で木曽軍と対峙する際にこの城に入ったと伝えられる。周囲にちょっとした土塁のほか堀址もあるらしく、また地名などに城址の名残りが残されている。


 ★★
 可毛羽神社|
長野県長野市|JR信越本線「篠ノ井」駅
可毛羽神社(かもはじんじゃ)。由緒書きによれば、木曽義仲による戦火で社殿を焼失したという。
道を挟んで木曾義仲ご子孫・久保田一族の墓所に「朝日将軍義仲墓」がある。横田城址からすぐだが、住宅地にあってちょっと道が解りづらいので注意。

 ★
 勝鬨八幡社(更級斗女神社)|
長野県長野市川中島町|JR信越本線「今井」駅または長野駅からバス「川中島古戦場」


「更級斗女神社」境内にあり、木曽軍が横田河原合戦で勝った時にこの八幡社の前で勝鬨をあげた事に由来する。現在の場所には明治時代に移転したもので、元はもっと西南にあったという。富部三郎家俊館跡とも目される?更級斗女神社境内には横田河原合戦の兵火から焼け残ったといわれる大欅がある。(長野県神社庁HPより

更級斗女神社の西には戸部城址があり、小さな社が目印。今井駅東口から出て左手の大通りを東に向かい「御厨公園入口」交差点を左折、信号を越えて須崎商店を左折。徒歩30分。



富部御厨岡神明神社|
長野県長野市|JR信越本線「今井」駅
戸部御厨(伊勢神宮所領)に勧進された。富部氏本拠地のランドマーク。


 
亀伝山常泉寺|
長野県長野市|JR信越本線「今井」駅


富部氏菩提寺。裏の大ケヤキそばに富部家俊供養塔がある。


★★
今井神社(兼平五輪塔)|
長野県長野市|JR信越本線「今井」駅


 ★
 兼平山切勝寺|
長野県長野市|JR信越本線「今井」駅




駒洗池(今井池田遊園地)|
長野県|JR信越本線「今井」駅

今井兼平が馬を洗った池があったという。今井の池田遊園地の敷地内にあった。今はわずかに「池跡」が残るのみ。


★★★
犀川(市原古戦場比定地1)|
長野県|JR篠ノ井線「長野」駅からバス

説では市原古戦場と目されており、古くは市原(市村)といったらしい。この古名から市原合戦古戦場の候補地となっている。横田河原合戦開戦時にここで小競り合いがあったと見るのが妥当。
もうひとつの候補地・伊那谷には笠原氏の館があったとされ、そちらでも小競り合いがあったと考えられる。




寛慶寺|
長野県長野市東之門町|JR信越本線「長野」駅


栗田入道寛覚開基、善光寺下にある。建立時には栗田村(善光寺の東南)にあった。平家物語には栗田寺別当範覚、とある。



★★
善光寺|
長野県長野市|JR信越本線「長野」駅


知らない人はまずいない善光寺。






木曽殿聖地めぐり

は木曽殿聖地のオススメ度(5段階に変更)
「通好み
」「★★ちょっとオススメ」「★★★かなりイイ」「★★★★行くでしょ!」「★★★★★絶対行くでしょ!!」
さらに管理人が「木曽殿絶対ココに来た(気がする)」妄想認定した場所に3段階で
がついてます。無印は木曽軍メンバーや木曽軍と敵対した武将関連の土地や平家物語で登場するおなじみの場所、地元の伝承地、旅のお役立ち場所など。

大蔵★★
(武蔵嵐山ほか)
父・義賢の東国拠点で木曽殿出生の地。周辺は大蔵合戦の戦地。

木曽★★★★★
(宮ノ越〜木曽福島〜大桑〜南木曽)
木曽殿幼少より挙兵までの時間を過ごした谷。伝承地多数!

洗馬~塩尻峠~辰野
(洗馬〜塩尻〜小野〜辰野〜岡谷)
木曽~善光寺街道と諏訪のハブ地・洗馬、樋口本拠地辰野、岡谷の三角地帯。

諏訪
(茅野〜下諏訪〜上諏訪)
木曽軍に参戦した金刺氏ゆかりの地。木曽殿が滞在した伝承も。

伊那
(伊那〜飯田〜阿智)
木曽殿が駒ヶ岳を越えて戦を仕掛けた伝説がちょいちょい残る。

松本平★★★
(朝日村〜松本〜岡田)
信濃国国府があった中原氏依拠地。今井兼平の本拠と目される地もある。

会田・麻績・姥捨
(会田〜聖高原~姥捨)
旗揚げ後に小戦闘を繰り返しながら進軍した善光寺までのルート。

善光寺平★★★★
(屋代〜篠ノ井〜善光寺ほか)
横田河原合戦が繰り広げられ、初期参戦武将ゆかりの地も多数!

塩田平
(別所温泉)
会田から保福寺峠を抜け塩田平へ。別所温泉には塩田北条氏の史跡も。

海野〜丸子★★★
(上田〜丸子)
木曽殿が居城とした依田城・海野宿をハブに塩田、佐久、篠ノ井と広がる。

佐久平★★
(小諸〜望月〜佐久)
根井氏の本拠地。佐久から富岡街道を抜け多胡・児玉・大蔵に至る。

関寺〜直江津
(妙高高原〜直江津)
熊坂山に布陣後、妙高を抜け越後国府へ。北陸道進軍開始。

越中宮崎〜般若野★★
(親不知〜富山)
越中宮崎氏の本拠地〜呉羽山布陣〜般若野合戦古戦場までのルート。

砺波★★★★★
(小矢部〜倶利伽藍峠〜津幡)
木曽軍最大の合戦となった「砺波合戦(倶利伽藍峠)」古戦場。

小田中〜志雄
(氷見〜小田中〜志雄)
行家叔父の戦った志雄合戦の地。

金沢〜安宅/篠原★★★
(津幡〜金沢〜小松〜安宅/篠原)
安宅・篠原は平家軍と往復2度交戦。実盛最期が有名。

勝山〜今庄〜杉津★★
(勝山〜武生〜今庄〜杉津〜敦賀)
燧合戦のあった燧ヶ城、根井が戦った水津合戦の古戦場比定地ナド。

★★★★
(京都〜宇治〜八幡市)
木曽殿逗留地や祖父為義ゆかりの地など。宇治川、岩清水八幡も。

大津★★★★★
(逢阪関〜三井寺〜膳所〜大津)
木曽殿最期の地、粟津合戦古戦場。

室津|山陽道★★
(今宿〜三石〜和気〜吉備津〜水島)
西国下向した山陽道と大敗を喫した水島合戦場。オマケは室津=室山合戦地。

おまけ|瀬戸内
(尾道、大三島)
水島合戦の残党、木曽落人伝承が残る尾道、奉納鎧等が残る大三島など。


(神坂〜松本)
木曽殿ゆかりの桜を追いかけてみた!