MainMenu
ReturnTop
AboutSite
旅 レ ポ 。

「そうだ、京都、行こう」的な。


という思いつきで行ってきました京都。

しかし思いつきで安宿(ビジネスホテルとか)がとれるほど11月の京都は甘くない;のでとりあえず前日名古屋入り(名古屋に用事もあったし…)

名古屋はワタシにとって第2のホームグラウンドみたいな土地なのですが残念ながら木曽殿に関係のある史跡は……ないな…

名古屋をベースキャンプにして行ける場所は
 熱田神宮は鎌倉殿の母君の実家…とか、
 知多の義朝さんのお墓、とか、
 大垣の山中にあるとゆー朝長さんのお墓…とか、
鎌倉サイドは多いんだよなあ…
あと大垣の墨俣町に行家叔父×平氏軍の戦った「墨俣合戦」の石碑があったな確か…


話が脱線したところで名古屋は華麗にスルー。



そして第3のホームグラウンド、京都w
さてこのあたりからtwitterで実況。
歩きながらケータイで文字うつのって危ないよね;とか言いつつ、今回はそのつぶやきをたどってレポ開始〜!

◆京都駅なう 10:01 AM Nov 15th movatwitterで
ホントに日曜の原宿くらい混んでるとゆーか、駅前は観光客でゴッタ返しててバスにも乗れない有様T_Tなので行ける所までバス、途中から歩きで清水寺方面へ。


*お急ぎでなければ50系統のバスで「西洞院六条」で降りてみるのもよいかと。木曽殿の宿所=六条西洞院/平業忠邸があったトコロなので(多分)、このあたりをブラブラするのもまた一興。



◆清水寺方面に移動なう 10:09 AM Nov 15th movatwitterで
国立博物館あたりで道路が渋滞してたのでバス降りて歩いてます。
国立博物館の道をはさんで三十三間堂があるんですが、以前来てるんで今回は涙をのんでスルー。


蓮華王院(三十三間堂)といえば平清盛さんがゴッシーのために建立したんで有名だけど、ここ一体が「法住寺」の敷地。三十三間堂の東に法住寺殿と後白河天皇法住寺陵もあるんで、ココも行ったら厭きませんw



◆三年坂なう、八坂の塔へ 10:40 AM Nov 15th movatwitterで
ビミョーに道に迷ってます&観光気分を味わいたかったので五条坂→二年坂三年坂を歩いて法観寺「八坂の塔」へ。素直に東大路を上がればよかった…oTL

八坂のランドマーク

拝観料は…たしか400円?中は観光客の姿もあまりなくて静か。
塔の中に入るとこれが3階くらいまで昇れてちょっと楽しかったw
治承の乱で焼けた法観寺を頼朝さんにより再建されている。倶利伽藍寺も頼朝さんが再建してるし、そういうところ鎌倉殿はマメだ。敵ながら見習いたい…

で、境内の一角にある「木曽義仲の首塚」がコレ↓



といって、実際はそのうしろにあるこの小さな石塔がソレなんですが。



入京以降、急激に貴族や京雀たちの評判を落として嫌われてしまった木曽軍だけど、こうして首塚を残してくれているのはホントウに有難いです。(ウラにも書いたけど)
立て看によると「(前略)その首は家臣によりこの八坂郷に手厚く葬られた」とのこと。
そう、法観寺に葬られたのではなく、実はその近くに葬られていたのを区画整理で現在の場所に移動したとか。

見上げた五重塔

◆八坂の塔はあまりひとがいなくてゆったりできたー 11:44 AM Nov 15th movatwitterで



◆おけいはん三条目指しなう 11:45 AM Nov 15th movatwitterで

つぎの目的地、京阪三条駅をめざす。
何があるかというと、駅から出ると思わず目に留まる建物「有済小学校」。



校舎の上になんかある!
しかし学校内に入れそうな入り口は裏も表もガッチガチに鍵がかけてあって、無人のようだ。
実はGoogleMapで場所を確認しようとしたんだけど全くヒットしないし載ってない。
不審者で通報されないうちに駅前の交番で聞いてみたら、学校の統廃合で今は廃校になってしまったとのこと。
現在は八坂中学校の管理ということなので、休日ということもあってコンタクトを断念する。

本当なら、校庭にある「山吹塚」をみせていただきたかった&できれば由来をお聞きしたかった…oTL

山吹はいたはりあって都にとどまりぬ
と、平家物語には一文出てくるだけのヒトだけど、どうやらこのあたりで亡くなったらしい? 残念。



◆有済(ゆうさい)小学校は管理人さん不在で断念(T_T) 12:35 PM Nov 15th movatwitterで


◆京阪で南下なう 12:37 PM Nov 15th movatwitterで
ということで気を取り直して京阪で南下開始。


◆丹波橋駅なう 12:45 PM Nov 15th movatwitterで

丹波橋駅を経由して京の南西方面へ。
このあたりに以前友人が住んでたので多少の懐かしさを感じる…



◆うわ、淀で降りそうなひとがいっぱい乗ってるw 12:46 PM Nov 15th movatwitterで
◆今日はエリ女だし! 12:46 PM Nov 15th movatwitterで
淀駅は競馬ファンにとっては「京都競馬場前駅」なんである。
競馬新聞をギラギラ見つめ、ヤル気マンマンの老若男女がここでゴッソリ降りて行かれましたw
本日のメインレースはGIの「エリザベス女王杯」、ワタシの応援する牝馬ブエナビスタが出るんじゃい!
ホントはワタシも降りたかったけど;時間的にメインレースには間があるのでここは涙をのんでスルー。



◆涙を飲んで淀通過。八幡市駅なう 12:58 PM Nov 15th movatwitterで
で、お隣の八幡市(やわたし)駅で降りる。
ここは言わずと知れた「岩清水八幡宮」がある土地。
ご存知のとおり、源氏の英雄八幡太郎義家が元服したので有名な元祖八幡宮ですが、
平家物語には木曽殿が元服するにあたって

十三で元服したりしにも、先ず八幡へ参り通夜して
とあり、京で「山」といえば比叡山、「寺」といえば三井寺と決まってるワケで、「八幡」といえば=岩清水八幡、という図式ならこの岩清水八幡宮までやってきたに違いない、とする研究者の御説をとってやってきました。
京といっても市内から離れてるんで禿も誤魔化せそうだし。


◆体力↓↓男山ケーブルカーで岩清水八幡宮へ 1:10 PM Nov 15th movatwitterで
朝メシをきっちり食べ過ぎたせいでおなかすいてなかったのが、ここに来て減ってきた!
(こんなことなら三年坂の奥丹に行っておけばよかった…)
山頂に食事があることを期待しつつケーブルカーで登山。


駅前のマップ↑…エジソン碑て…?




この日は七五三参りの日だった事もあって、かわいらしい衣装を着た子供がこれまた晴れ着の家族に連れられてお参りをしていて、大変華やかににぎわっている。
八幡太郎義家の元服の話もあってか、近隣の方にとってこちらへの七五三参りはどうやらひとつのステイタス、らしい。



さっそくお参り。



社殿は一部修理中の模様。
いいなあ、ワタシもここで元服したいなあ…



さて、食事のできるところをさがして表参道を戻る形で進むと、



鳥居の近くに「鳩茶屋」ハッケン!
さっそくうどんと甘酒を注文。
もー、チョーカワユイ茶トラ猫がいたんだけど、茶屋のおじさんと話し込んでて写真撮り忘れました;
岩清水八幡宮の展望台から大文字焼きが小さいけどちゃんと見えるとか、大雪の話とか、いろんな話をする。おひとりさまだとこういう会話がウレシイんですよねー。

◆岩清水八幡宮にある鳩茶屋のおじさんと話し込んでしまったw 2:41 PM Nov 15th movatwitterで
しかも鳩茶屋の来年用の箸たてを頂いてしまったw 2:44 PM Nov 15th movatwitterで

箸立てがですね、生竹を切った素朴なものでイイ重さなのですがそれもカバンにガッチリ入れてありがたく持ち歩きます。
この流れで、帰りは参道をくだっていく。



参道の途中にある駒返
橋↑



かげきよ塚↑。
石清水八幡宮のHPによれば
「平氏滅亡後、ただ一人逃れた景清は、平家の仇を討つべく、石清水参詣に訪れた源頼朝をここで待ち伏せしていたが、これを察した頼朝は”駒返橋(こまかえりばし)”で引き返し、難を避けた」とか、「この塚は景清の墓である」などという話は、全く根も葉もない作り話に過ぎません。
とのことだけどそれはそれで。ここのHPは史跡の説明がクールでなかなか面白いです。行く前に読んでおけばよかったw



二の鳥居。
ところでウッカリしてましたがここからもう少し下ったところに松が生えてるなーと思ってたら、コレが頼朝公お手植えの松だったそうな。
ちょ、写真撮ってない!(ケータイの電池ヤバくなってたんでー)
探せば「源頼朝公手植松」の石碑もあったようだけど、当初植えられた松はすでになく現在は2代目らしい。




どんどん下って頓宮殿。
この時すでにワタシの脳内はエリザベス女王杯でいっぱいになっていた…!oTL
足早に八幡市駅から淀駅へ!



◆間に合うか!?京都競馬場なうー 2:58 PM Nov 15th movatwitterで
間に合いました。



◆エリザベス女王杯はじまるよー 3:41 PM Nov 15th movatwitterで

ほんと史跡めぐりとカンケーないですがメインレースに間に合ったw

丁度パドックの終わる時間で、ブエナビスタが地下馬道に消えるのを見送って馬券売り場にGO!

穴馬狙いで馬券購入して観戦!(そんなコトしてる場合じゃないんだけど!)
まー結果はまさかのビスタん3着…T_T 穴も外れて軍資金ケットはならず;
しかもココでケータイの電池が1本になってしまったので実況ストップ…
次回からは充電池持ち歩こう…

士道不覚悟すぐる…oTL




こっから宇治に向かう。
この時点で4時、だいたい5時には日が暮れてしまうので急がなくっちゃ!
と、はやる心をおさえて中書島駅で乗り換えて宇治駅へ。



宇治橋は義経軍と木曽軍の交戦の場所、でもあり。
さかのぼって源三位頼政や仲家達が平家と戦ったのもこの宇治。というわけで京攻めの要なんである。
ココを馬で渡河するのはどーだろーか、というのが今回のここでの目的。。。↓橋の上からの眺め。



頃は睦月廿日余りの頃なれば
と、随分寒い時期の渡河なんだけど、
畠山重忠(21)が進みでたところを→平等院の艮(北東)橘の小島から佐々木&梶原が2騎出てきて有名な先陣争いがあり、→なんだかんだあって義経軍は宇治川を渡り、木曽軍のスリーアミーゴス、仁科・高梨・山田次郎が彼らと交戦。

残念ながら木曽軍は敗戦、木幡山・伏見方面へ逃走。



頼政の時の宇治合戦ではこの宇治橋の渡し板を全部取っ払ったそうな、けっこうな川幅だし文章で読むより大変な気がしてきた!
平等院方面に向かいつつも途中で左折。



橘橋↑。
さて、今もある宇治川の中州の橘島に「宇治川先陣の碑」が昭和6年に建てられたとのこと。解説板にも「(前略)木曽義仲と朝廷から義仲追討の任を受けた源義経の戦いは有名です。(略)」



…つかれたよパトラッシュ…
とうとう日が暮れたのでここでタイムアップ!

宇治まできて平等院まで行けずT_T
なんとか宇治茶は飲んだけどね!
平等院には源頼政が自刃したと伝わる「扇の芝」とかあるんですが、またの機会に。


ここまでおつきあいいただきアリガトウゴザイマシタ
m(_ _)m

2009年11月


<上に戻る>




<今回歩いたルート>

JR/京都駅

法観寺八坂の塔

京阪/京阪三条駅

旧有済小学校(山吹塚)

京阪/八幡市駅

岩清水八幡宮

京阪/宇治駅

宇治平等院

宇治川先陣の碑




◆今回のヒント

*旧有済小学校に入りたい場合は事前にご連絡を。

今回行ってませんがオススメポイントは
六条西洞院/左女牛井
三十三間堂(蓮華王院)/法住寺

など。
モチロン普通に平家物語でおなじみの場所「五条大橋」なども一興。


 

Copyright (C)Miyataya All Rights Reserved.